ペットグリーンターフは手軽にペットの憩いの場を設置できる天然芝生の商品です。

 
芝生販売/通販 株式会社芝匠ペット用芝生 (ペットグリーンターフ) プライバシーポリシー特定商取引法に基づく表示サイトマップ
ドッグラン用芝生 ベランダ・コンクリートの上に!ペットグリーンターフ
ケンタッキー常緑芝生産終了のため 次回別商品にて秋以降販売予定

天然芝でペットに憩いの場を

ご自宅のベランダ、玄関前の駐車場スペースなどコンクリートの上にも簡単に設置可能です。
ペットグリーンターフは、生きた本物のケンタッキー常緑芝生ですので、自然にやさしく、犬、猫、ウサギの飼育に最適です!
天然芝であなたの大切なペットに憩いの場を!
少しのスペースに設置可能です 天然芝ですので食べても安心です 土を使わないので周辺を汚しません

ペットグリーンターフとは

土の役割を果たす「BLグリーンマット」と、ケンタッキー常緑芝生を組み合わせたのがペットグリーンターフです。環境にやさしく、えっとの飼育にも適しています。
ケンタッキー常緑芝生産終了のため 次回別商品にて秋以降販売予定
・ BLグリーンマットは屋上緑化用 基盤材です。
・ 関東、関西で多々施工実績があり、基盤材の上に土を敷かなくてもきれいに根付きます。
・ 7年間以上の芝生の維持は確認済みです。
・ 弊社のケンタッキー常緑芝との相性がとてもよく、簡単にきれいに維持していただけます。

POINT1 養生期間不要

届いたその日から使える天然芝です。
人工芝と違い、本物の芝生ですから、熱くなり足が火傷したり、紫外線劣化して粗大ゴミになったりはしません。

POINT2 土を使わないので汚れません

植栽基盤には土ではなく、屋上緑化で使用されるBLグリーンマットを使用していますから、周辺を汚しません。
排水溝が詰まるといったトラブルも最小限です。
ケンタッキー常緑芝も生育基盤に麻繊維マットを使用しています。
また、芝生に乗っても服に泥が付きません。

POINT3 自然素材なので地球に優しい

植栽基盤は竹。
全て国産の再生可能資源による天然素材ですから、地球に負担をかけません。
プラスチックやウレタンを多用していると、やがて劣化してゴミになってしまいますが、ペットグリーンターフは土に還ります。

 

設置方法

ペットグリーンターフを設置する場所を簡単に掃除し、ごみを取り除きます。
BLグリーンマットにたっぷり散水し、ケンタッキー常緑芝を乗せて同梱の目土を上から撒いてしっかり密着するように上を歩いて10日間、毎日散水して完成です。

ペットグリーンターフのお手入れ

日照と適量の水、肥料を与えるなど手を入れてやるとより美しくなります。
日当たり
ペットグリーンターフは通常の明るいベランダなら十分生育可能です。 室内では育ちません。
水やり
ペットグリーンターフは小面積のため乾燥しやすく、本格的な屋上緑化と比べ水やりの頻度は増えます。
購入から1ヶ月程度は、BLグリーンマットを乾かさないように、夏季は1日最低1回、冬季は週2~3回、BLグリーンマットが湿るまでたっぷり水をやります。
ただし、雨によりBLグリーンマットが濡れている場合は散水は要りません。
1ヶ月程度で芝の根がBLグリーンマットに廻るので、それ以降は夏場は週3回程度、冬は週1~2回の水やりでかまいません。
ただし、乾燥の激しい場所では、水やりの頻度を増してください。
夏の昼間(9~18時)は蒸れるため、冬の夕方・夜は凍結するため散水を避けます。
ペットグリーンターフの芝はいずれも過湿に強く、BLグリーンマットは排水性が優れているため、水分過剰の心配はありません。
■ 自動潅水機
旅行などで家を空ける場合は、自動潅水機を買うとよいでしょう。
家庭用の小型・安価な機種で十分です。
芝刈り
芝刈りは必須です。芝刈りを怠ると徒長し、病気が多発します。
1年を通して概ね1ヶ月に1回、お好みに合わせて長さ3~5cmに刈ってください。
刈るときは、芝の葉のみを刈り、茎は刈らないようにします。
徒長してしまった芝を低くするときは、一度に低くせず、芝刈りのたびに徐々に低くしてゆきます。
芝刈り後は刈った葉を取り除きます(完璧に一枚残らず取り除く必要はありません)。
芝刈りを怠ると花が咲く場合がありますが、開花・結実は芝の体力を著しく消耗させますし、花粉症の原因となる可能性がありますから、必ず芝刈りを行ってください。
■ 除草
西洋芝は牧草の仲間であり、芝用の除草剤を使用すると枯れることがあります。
また、ペットの健康を害する可能性もございますので除草剤は使用しないでください。
ペットグリーターフは土を使用しないため雑草は育ちにくく、特に美観を気にする場合以外、大抵の雑草は無視してかまいません。
芝刈りと一緒に刈ってしまえば済みます。
施肥
芝生用肥料を毎月施してください。
施肥後は、必ずたっぷり散水してください。
夏バテ
ペットグリーンターフは、夏には成長速度が低下します。
もし、8月に葉が白っぽくなったなら夏バテです。
刈り込み高さを高め(5cmくらい)にし、乾燥させないよう朝(または日没頃)多めに水をやってください。 9月には元気になります。
酷暑により芝が弱ってしまった場合は、9月になっても回復しないことがあります。
この場合、弊社に連絡していただきますと、9月下旬~10月に補充用の種子を販売させていただきます。

管理上のご注意

■ ペットグリーンターフには日光・水やり・芝刈りが不可欠です。
また、環境によっては市販の芝生用肥料を与えた方が成長が良くなることがあります。
■ 犬・猫等の糞尿を放置すると芝が傷みます
糞は直ちに撤去し、尿は十分な水で洗い流してください。






ケンタッキー常緑芝生産終了のため 次回別商品にて秋以降販売予定